スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R-One KAT-TUN No.112

あれ~?
そんなにニコラジスルーしてたかな?
もう112回目だって~( ̄□ ̄;)
自分のレポみたら104回で止まってる。笑
104・・たっちゃんの数字よね。てへっ♪

昨日は久々にたっちゃんの喋りにツボったんで頑張ってみた。笑
姉萌え~なロバ丸が何かリアル。。。
たっちゃんにしか興味の行かないリスナーさんにはやっぱり事務的なゆっち。爆
脳内ご飯するのが趣味な上田さん・・・
たっちゃん好きさんたちは「煮込みハンバーグ」作ってあげてください。
アタシもだ~・・。笑

でわ、続きから・・





竜  「KAT-TUN上田竜也と」
雄  「中丸雄一の」
竜雄  「R-One KAT-TUN」



竜 「どうも~上田竜也です」  

雄 「今晩わ、中丸雄一です」  

竜 「ニコニコラジオごーしょーはっ!何と112回目に突入してしまいました~」

雄 「上田クン、一時寝れないって時期ありましたよね?」

竜 「ありましたね・・」

雄 「(最近)どうですか?」

竜 「もうグッスリです、今はのび太のように寝ますね」

雄 「ふふふ、2秒で寝れるの?」

竜 「あれね、足を暖めると良いらしいよ、手を暖めると寝れなくなるんだって」

雄 「そうなの?」

竜 「足を暖めると副交感神経?」

雄 「何それ?」

竜 「わかんない・・刺激されるらしくて、手は活動的になっちゃうんだって」

雄 「そうなんだ・・、足を暖めると安心出来る感じで寝れる?」

竜 「寝れるんだってよ」

雄 「へぇ~」

竜 「勉強しました」

雄 「ちなみに最近俺さ~、仕事が何時からスタートしようが朝6時とか7時に起きるんだけど」   ←年寄り

竜 「あ~、俺もありますよ腹減って起きるの」

雄 「いや、腹減ってるんじゃなくて」

竜 「ふふふふ」

雄 「そう言うんじゃなくて」

竜 「自然に6時に起きちゃうの?」

雄 「そう、ここ1ヶ月半位ずっとですよ、寝るのが仕事終わって家着いて即行ですよ」

竜 「12時とか?」

雄 「11時・・12時前ですよ」

竜 「はぁー・・、早いっすね~」

雄 「うん」

竜 「ふふ、おじいちゃんの域入ってません?」

雄 「待て待て」

竜 「ふふふ」

竜 「健康的で良いと思いますよ」

雄 「うん、確かにそれは凄く良いと思う」

竜 「良い事だと思う・・」

雄 「休みの日とか何時位に寝起きしますか?」

竜 「俺っすか?」

竜 「そうですね~、寝るのは3時位です」

雄 「やっぱそんなもんか・・」

竜 「起きるのが日によってですけど、ま、10時位・・9時、10時かな?」

雄 「なんか夜って時間食うもんね」

竜 「夜はね、やっぱ俺は走るんでその分時間がね・・」

雄 「そんな夜中に走ってるんだ?」    

竜 「そうですね」

雄 「へぇ~」

竜 「最悪3時とかでも走ります仕事終わりで・・」

雄 「新聞屋さんぐらいか?」

竜 「そうそう、新聞のトラックが動き始めるくらい・・」

雄 「築地の朝一みたいな感じだ?」

竜 「ふふ、分かりづらいけどそんな感じですね」

雄 「へぇ~、そうですか」

竜 「で、朝は腹が減って、朝の楽しみは食しかない」

雄 「朝は食?」

竜 「夜は12時超えたら食べないじゃないですか?腹が減っても」

雄 「うん」

竜 「だから楽しみなんですよ朝起きるのが」

雄 「ご飯食べようって?」

竜 「ふふ、ご飯食べれるって」

雄 「ふふふ」

竜 「ふふふ」

雄 「のび太のように眠り」

竜 「ご飯いっぱい食べて、バックの中にお菓子もいっぱい入ってますから」

雄 「入ってたねいつもね、パンとかね」

竜 「うん」

竜 「中丸クン、朝6時に起きて何やってます?」

雄 「とりあえず、窓開けます」

竜 「ほ~換気」

雄 「換気」

竜 「今はすごい暖かいからいいよね寒くないし」

雄 「ずけ~いい」

竜 「うんわかるよ」

竜 「で?」

雄 「読書とか・・」

竜 「・・・朝から?」

雄 「朝から」

竜 「ほんと?」

雄 「朝から読書」

竜 「ご飯は何食べたの?今日」

雄 「今日ピザ」

竜 「朝から?」

雄 「いや昼、昼」

竜 「あ~」

雄 「ランチ」

竜 「食べに行ったの?」

雄 「いや、呼んだ」

竜 「なるほど」

竜 「俺は、朝と言えば釜飯ですね」

雄 「朝、釜飯?」

竜 「朝・・ふふふ」

雄 「マジで?」

竜 「釜飯食べますよ」

雄 「ピザよりタチ悪くね?」

竜 「いやいや丁度いいんですよ」

雄 「あはは、マジで?」

竜 「超上手いんですよ、でも足りないからパンとかたくさん食べちゃうんですね」

雄 「意味がわかんないですよね」

竜 「朝はたくさん食べても良いじゃないですか?」

雄 「炭水化物、結構取ってるよね?」

竜 「俺好きな物って炭水化物多いんですよ」

雄 「それで筋肉に代わると・・」

竜 「うーん・・、どうなんですかね?取りすぎちゃいけないけど、運動してれば良いと思いますけどね」

雄 「ふーん」

竜 「将来が不安です・・ふふ」

雄 「じゃ、本編行きますよ?」

竜 「はい」

雄 「それでは今夜もスタートです」


竜  「KAT-TUN上田竜也と」
雄  「中丸雄一の」
竜雄  「R-One KAT-TUN」



雄 「シングルが発売されて何とオリコン1位取れたということで」

竜 「おお!ありがとうございます」

竜 「これはね、今回はね、アレだったんですよ」

竜 「何を隠そう予約の時点で前回の予約数より3割増くらいだったらしいですよ」

雄 「だったらしいですよ~」

竜 「全て皆さんの御蔭ということでね・・」

雄 「リスナーの方の御蔭ですよ」

竜 「アリガタイ事ですね」

雄 「その流れでアルバムも予約受付中ですよ」

竜 「うん」

雄 「タイトルが『KAT-TUN ? - QUEEN OF PIRATES -』

雄 「3枚目って意味ですね」

竜 「そうですね前回 cartoon KAT-TUN ? You 」

雄 「『- QUEEN OF PIRATES -』ってどんな意味なんですか?」

竜 「言って良いんですか?

雄 「ふふふ」

竜 「ふふふ」

雄 「これコンサートで海賊の・・」

竜 「うん、掛けてるんですよね」

雄 「うん」

竜 「ライブでも海賊っぽい雰囲気を出そうって事でアルバムもそうなるようにちょっと・・ね?やったんですよね?」

雄 「そうなんですよね」

竜 「うん」

雄 「じゃ、曲なんですけど」

竜 「今週はですね、アルバムから」

雄 「何行く?」

竜 「『OUR STORY』っていうのが」

雄 「はいはいはい」

竜 「『プロローグOUR STORY』

雄 「あれね」

竜 「あの曲を皆さんにまず一発目聞いて欲しいと思っております」

雄 「賛成~、じゃ紹介してくださいよ」

竜 「わかりました、それでは聞いてくださいKAT-TUNで『僕らの街で』」

雄 「おーい」

竜 「今悩んだんだけど、みんなニヤニヤしてるから」

雄 「あはははは」

竜 「言わないといけないのかな?って・・、ふふふふ」

雄 「2秒前に『OUR STORY』って言ってたわお前」

竜 「ふふふ」

雄 「はははは」

竜 「はい・・、行きますか?」

雄 「はい」

竜 「それでは聞いてください『OUR STORY』」


(OUR STORY~プロローグ~ OA)   

出だしの亀の声が良いよ・・
続く仁がまたまたグー♪
曲が流れたの一部分で短かったからもっと聞きたかったな
アルバムまたまた楽しみになったかも・・。


竜  「KAT-TUN上田竜也と」
雄  「中丸雄一の」
竜雄  「R-One KAT-TUN」



竜 「改めましてKAT-TUNの上田竜也と」

雄 「中丸雄一がお送りしているR-OneKAT-TUN人妻からのお便りも殺到してます、コチラのコーナー行きましょう」

竜 「アポなしテレフォン」

雄 「どっちが多数派?」

雄 「今回の質問どうしましょうか?」

竜 「今晩の晩ご飯を聞きましょう・・」

竜 「俺ね、人のご飯聞いて脳内で食べてるのが好きなんですよね」

雄 「気持ちわる~」

竜 「えへへ」

雄 「なんだそれお前」

竜 「えへへ・・、だからお前にもさっき聞いたじゃん」

雄 「うん」

竜 「ピザ食ったって聞いて、ピザいいな~って俺が頭の中で食ってるんですよ」

雄 「ふふふ、意味がわかんね~お前」

竜 「そう言うのが好きですね」

雄 「あ~そう・・」

プルルルル プルルルル

雄 「19歳○○さん、大学生・・」

竜 「1人暮らししてるのかな?」

雄 「うん、みたいだね学生寮に住んでる」

竜 「ほ~、じゃ食堂とかかな?」

リ 「はい、モシモシ」

雄 「文化放送R-OneKAT-TUNですけども」

リ 「あ、はい」

雄 「今、電話大丈夫ですか?」

リ 「はい大丈夫です」

竜 「えっと、まず質問に答えて頂きたいんですけども~」

リ 「はい」

竜 「今夜の晩ご飯は何ですか?」

リ 「スパゲティーです」

雄 「麺」

竜 「スパゲティーか」

雄 「○さんは学生寮に住んでる?」

リ 「はいそうです」

雄 「門限とかかなり厳しいって書いてありますよメールで・・」
 
竜 「マジっすか?」

リ 「厳しいです」

雄 「門限て何時なんですか?」

リ 「23時です」

竜 「あ~キツイね、23時はね」

雄 「ね~」

竜 「大学生で23時か~」

雄 「大学2年生?」

リ 「はい」

雄 「門限とか気にしなければ一番何がしたいですか?」

リ 「友達の家に泊まってオールしたりしたいです」

竜 「あ~、あ?それも出来ない??」

雄 「外泊禁止?」

リ 「外泊届け出せば出来るんですけど」

雄 「めんどくさ」

リ 「自分の部屋とかに友達泊まれないんで」

竜 「あ~そっか、そっか」

雄 「彼氏います?」

リ 「いないです」

竜 「女子大?」

リ 「共学です」

竜 「じゃあ、まだマシじゃないですか?」

雄 「でもこれ彼氏出来たらたいへんになりますよきっと」

竜 「そっからまた23時がネックになってくるんですよね?彼氏出来たら出来たで」

雄 「シンデレラですよ」

リ 「上田クンみたいな彼氏が欲しいです」    ←ドサクサー!!

竜 「えっ?俺ですか?」

竜 「俺だったら是非・・ねぇ・・寮に遊びに行ってもいいけど・・・」

雄 「入れねぇ~だろ」

竜 「んふふふ」

リ 「是非遊びに来てください泊まれませんけど」  

竜 「なるほど~」

雄 「また何かあったらメールもらいたいですね」   ←急に冷たくなるゆっち

竜 「そうですね」

リ 「はい、ありがとうございます」

雄 「失礼します」    ←事務的


2人目電話してイキナリのメロディコール
♪どんまいどんまい・・    ←羞恥心。笑

ロバ丸のどっちか続き歌ったけどどっち?ゆっちかな??
まさか、たっちゃん???

リ 「モシモシ」

雄 「文化放送R-OneKAT-TUNですけども」

リ 「あ゛ー!うそー!マジでーー??」    ←ウルサイ

雄 「○○さんですか?」

リ 「はい!今、仕事終わったところなんですよ~」

雄 「すごいテンション高い」

竜 「耳がキーンとしました」

雄 「上田クンから質問あるんですよね~」

竜 「えーと、今夜の晩ご飯聞きたいんですけど」

リ 「ふふふ、今夜の晩ご飯・・」

竜 「結婚して4年目になるんですよね?」

リ 「はい、そうです」

竜 「今夜の晩ご飯、そろそろ献立を考えながらって感じじゃないですか?」

リ 「そうですね~・・ハンバーグで」    ←適当?笑

雄 「肉!」

竜 「ハンバーグ出ました」

竜 「拘りとかあるんですか?作り方・・」

リ 「ホールトマトを入れて隠し味にトンカツソースを・・」

雄 「へぇ~」

竜 「旨そうですねトマトだって・・」

リ 「煮込みハンバーグです」

竜 「超好き~それ~」    ←ご機嫌

リ 「ほんとですか?」

竜 「煮込みハンバーグ超好き~」

雄 「マジで?」

竜 「ミートソースっぽい味、トマトかわかんないけど超美味いんだよ」

雄 「そうなの?」

竜 「ご飯にめっちゃ合うんだよ」

リ 「じゃ、ちょっとやってみまーす」

竜 「ちょっとやってみて」    ←ハーイ

リ 「はい、ありがとうございます」

雄 「すいません、急な電話で~」    ←事務的?

リ 「はい、ありがとうございました」

雄 「失礼しま~す」

ガチャ

雄 「あ~テンション高けぇ~」


プルルルルル

雄 「○○さん、今日引越しましたってメールが・・」

リ 「モシモシ」

雄 「文化放送R-OneKAT-TUNですけども」

リ 「あ、こんにちは~」

竜 「打って変ってナイスなリアクション」   ←笑

雄 「メール読むと今日引っ越したという事で、弟さんと2人暮らしなんですか?」

リ 「はい、そうです」

竜 「あ!ちよっと危険な香りがするな」

雄 「しねぇ~よ」

竜 「ふふふふ」

雄 「最近弟が北海道から来たから同じところに引っ越したと?」

リ 「はい、そうです」

竜 「なるほど~、これは期待出来ますよ今日の質問、弟に対してだから」

雄 「あ、そうか」

竜 「今日の晩ご飯何か聞いてるんですけど、今日何すか?」

リ 「餃子です」

竜 「餃子出ました」

雄 「餃子か~」    ←2人ともテンション上がってる

竜 「もちろん、あれですよね?皮包むあれですよね?」

リ 「そうです」

竜 「あれも手間かかるんですよね」

雄 「ニラとね」

竜 「そう」

竜 「何気にね、鳥のひき肉も美味いんだよ」

雄 「そうなの?」

竜 「アッサリで」

雄 「何か拘ったものとか入れてます?」

リ 「たまに餃子じゃないんですけどチーズとか巻きます」

竜 「お!チーズ巻き出たチーズ巻き」    ←喜びすぎ

雄 「何?餃子にチーズ?」

竜 「ちゃう!餃子の皮にチーズ巻いて揚げるの」

雄 「マジで?」

竜 「春巻きの中がチーズみたくなるの」

雄 「すげ~」

竜 「ヤバイよあれ」

竜 「弟と2人で食べるんですか?」

リ 「弟と、あと友達の家に行くんで友達と食べます」

雄 「餃子パーティですね」

竜 「いいな~、仲いいですね?弟さんと」

リ 「仲良いって私は思ってるんですけど」

竜 「そういうのが良いですよね」

雄 「うん」

竜 「弟は男だからさ~」

雄 「プイみたいな感じ?」

竜 「プイみたいな感じなんだけ傍からみたら仲良いみたいな」

雄 「いいな~、お姉さんいいな~」

竜 「いいな・・、家、両方ともプイだからな~」    ←爆

竜 「噛み合ってねぇ~よ俺・・」

雄 「あはははは」

竜 「ふふふ」

雄 「お姉さんもプイなの?」

竜 「うん」

雄 「弟さんとは良く会話するんですか?」

リ 「しますね・・大学どうなの~?・・とか」

竜 「うわ~」

雄 「良い姉だ~」

竜 「今いい感じの声出してたわ」    ←姉萌してる。笑

雄 「どうなの~って」     ←おまえもか

竜 「姉っぽいよね」

雄 「うん、完全に姉だね」

竜 「クソー」

雄 「ふふふふ」

雄 「今、弟さんいないんですか?」

リ 「バイト行ってます」

竜 「なるほどね、弟さんの話も聞きたかったですね」

雄 「うん・・なるほどね~」

竜 「うーん・・わかりました」    ←名残惜しい

雄 「じゃ、またメールもらえたらウレシイです」

リ 「ありがとうございます、頑張ってください」

竜 「は~い」

雄 「失礼しま~す」

ガチャ

竜 「マジーよこれ弟・・・なんだかんだウレシイくせにな?」

雄 「知らね~よ、そこは知らね~よ」

竜 「あははは」

雄 「と言うわけでアポなしテレフォンでした」

雄 「(シングル、アルバム、ツアーのお知らせ)」

雄 「毎週火曜深夜12時のR-OneKAT-TUNお相手は」

竜 「上田竜也と」

雄 「中丸雄一でした」

雄 「それではまた来週」

竜雄 「ばいばーい」



雄 「OK~」

雄 「質問はコチラ」

竜 「ほ~、時と場合によりますね」

雄 「そう?」

竜 「毎回ってわけではないです」

雄 「俺、絶対かけねぇ」

竜 「かけない?」

雄 「絶対かけない」

竜 「なんで?汚い感じする?」

雄 「いや、昔からかけないから」

竜 「赤西はめっちゃかけるって言ってたよね?」

雄 「赤西はかけますね、もう何でもかけますから」

竜 「ふふふ」

雄 「来週もヨロシク」

竜雄 「お願いしまーす」


2008/5/20 R-One KAT-TUN No.112

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

Comment

ゆきんこちゃん、こんばんわぁ(≧艸≦*)
わぁ~いヽ(^Д^*)/ラジオレポだぁ~♪♪
ハンバーグで喜んでるたっちゃんが可愛いんだけど(≧艸≦*)
12時前に寝たらおじいちゃんの域なのねΣ(-∀-;)
って事はあみは…おばあちゃん??(爆)
ゆっちは朝起きて勉強してるもんね~
たっちゃんは3時とかでも走ってるんだぁ~凄い!!
最後の質問なんだろ~??
まったく想像つかないけど食べ物系かなぁ~??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆきんこさん、こんばんわ。
アルバムの曲、早速某サイトさんにUPされてて。
聞いてきましたよ。
亀ちゃんの声があまりにステキで。。
泣けてきました。
早く聞きたーーい!
ゆっち、本当におじいちゃんみたいですね。
そんな朝早くに起きるなんて・・・(爆)
煮込みハンバーグ、私得意ですよぉ~。簡単なので(笑)
竜ちゃんもゆっちもお姉さんに弱いんですね。
このくだりが楽しかったです。
レポありがとう!

アルバムかけたのね
まぁいいや
ニコラジ最近まったくスルーだよ
えらいなぁ、ゆきんこちゃん
ゆっちこれ録音した時点では
大学の話はNGだったのかな?
早く起きるって大学の勉強でしょ?
2人ともおねいさんに萌えなんてねぇ
どっちも年下好きだった気がするんだけど
趣旨変えしたのかしら??


レポお疲れさま~
私、最近亀ラジオ以外聞いてないから、嬉しい(聞けよ!笑)
脳内で食べる上田くん・・・可愛いなぁ
姉萌え・・笑える(笑)
関係ないけど、私もお姉ちゃん欲しかったんだよね~
で、兄ちゃんのお嫁さんに期待してたのよ・・・
私より、5つも年下だったわΣ(-∀-;)
ま、そんな話はどうでもいいわね(笑)
人妻からのメールも殺到・・・ふふっ、そうなんだ(笑)

レポお疲れ様~。
煮込みハンバーグね。(メモメモ)
でも気になったんだけど、
やっぱりプロテストに向けて頑張ってるのかなぁ?
12時以降は食べなくて、
夜中になっても必ず走ってる・・・なんてさ。
普通の生活じゃないよね?
はぁ・・・(ため息)
情熱大陸で密着されてるかしら?(出ると決め付けてる)笑
姉萌えな上ぽん、カワイイね。
喜んでくれるからって、ゆっちが姉役やってたの?
ふふふ。むっちゃ面白いんだけど。笑

ゆきんこからコメレスです

★あみちゃん★
久々にたっちゃんの声にツボったから頑張っちゃった。笑
煮込みハンバーグに大喜びだったよ
そうそう、ゆっちは勉強してるんだよね・・
たいへんだけど頑張って欲しい。
質問・・ご飯にかけるとか?食べ物っぽいよね

★陽子さん★
アルバムの曲よかったね~
アタシも好きな感じだった~
亀の声が優しくていい感じだったよ。
姉萌えなところ・・面白かったよ
リスナーの話し方がお姉さんって感じでいいな~って言ってた。笑

★まゆブーちゃん★
エライでしょー!
久々に聞いてみたらツボったよ。笑
アタシの愛(不満)が届いた?笑
ゆっちは勉強してるんだね・・まだオープンじゃなかったのかもね
姉萌えしてたよ~趣味変わったのかも・・笑

★絆さん★
アタシも久々に聞いたよ。笑
脳内ご飯・・これでダイエットしようか・・無理だな。笑
アタシもお姉さん欲しかった~
兄だけだから憧れたよ~
アタシも、義姉は年下・・1つだけど。笑
しかも同じ高校だったよ。汗   ←高校時代は全く知らないけど
先週のラジオは人妻リスナーと話したらしいの。笑

★雪ちゃん★
煮込みハンバーグとチーズ巻きだって。笑
ハンバーグ生焼けしたら煮込んじゃえ。笑
食事気を付けてるんだけど12時前はお菓子にパンにたくさん食べるんだよ。笑
それってその為にやってるの???
アイドル業のためと言ってくれ!笑
ゆっちはリスナーの言い方真似してて、いいな~って自分でも言ってたよ。笑
Secre

一瞬を永遠に…

☆。*ロミジュリ写真館*。☆                                                                                                                                                                                                            

プロフィール

  ゆきんこ

Author:  ゆきんこ
上田竜也くん&大倉忠義くんが大好きです(≧∀≦)
XJAPAN、YOSHIKI溺愛中・・。
VからJまでこよなく愛します(*´▽`*)

拍手は一方的に愛をいただいております・・
返信要の場合はコメント欄でお待ちしてま~す♪

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

johnny's

エントリー

カテゴリー

フレンズ&more...

Welcome

ブログ内検索

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。