スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R-One KAT-TUN No.97

公開録音決定したにこラジ(* ̄∀ ̄*)
120~130人だって・・・
応募すごいことになりそうだな~・・
神さま!お願い!!たっちゃんに逢わせてください。

ラジオの中で学生時代に好きな子の席がどこがいいかって話で
自分も想像してみた・・てか妄想ですけどもナニカ?。爆
もちろんY&J学園で。(* ̄∀ ̄*)/キラーん

たっちゃん      ゆっち      たっちょん

亀ちゃん       ゆきんこ     じゅんの

聖           仁        

これ前にバトンでもやった気が。笑
好きな人は隣というよりも見ていたいから斜め後ろくらいで。笑
この角度のたっちゃん超カッコイイ気がします。笑    ←正面じゃないんだ・・
たっちょんもね~、
じゅんのに話しかける時はあたし側を向いて必ず目が合うの・・キャアー(≧ω≦)
そんで隣が亀とじゅんのって安心じゃない?頭良さそうだし。笑
質問されて答えわかんなくても教えてくれそうだしノート見せてもらったり・・
亀に教科書見せてあげたり( ̄∀ ̄)
それを見てたっちゃんがジェラったり・・・。ふふふ~・・
仁と聖のところに隣のクラスから亮ちゃんや山Pが集まってくるの・・
仁がいないとあたしに伝言したりして・・ラッキー!笑    ←あほ
もちろん、たっちょんの所にもヤスとかマルがバンド練習の話に来たり・・
亮ちゃんたちがヤスに「俺らにも教えろや~」みたいな。
でね仁にはイスをツンツンてされて中丸に回してってメモもらったり・・ぐふ~
あたしも同じようにゆっちのイスをツンてメモを渡す。爆
メモには「焼きそばパン・アグネスプリン」とか書かれてて。爆    ←パシリかよ
昼休み走って買いに行くゆっちを助けてあげる横山生徒会長    ←清四郎か?
副はヒナだね。爆  すばるも3年生だな・・
こや、シゲ、テゴは1年生で   ←シゲはもちろんイジラレル。笑
はふぅ~ヽ(*´∀`)ノ
妄想が尽きないのでこの辺で自主規制。。。汗  


SHOCK30日目(45・46/76)。
昼の部真っ最中だね。
あ~ん・・もう一度見たいな~
オーナーオオクラさん。



FC2ブログランキングジャニーズブログランキング 神さま~公開ラジオ行かせてください






竜  「KAT-TUN上田竜也と」
雄  「中丸雄一の」
竜雄  「R-One KAT-TUN」



竜 「どうも上田竜也です」  

雄 「どうも~中丸で~す」  

竜 「にこにこラジオごーしょーは。今回で97回目突入です」 ←カウンターが戻ってる

雄 「LIPSがいよいよリリースなんですよ」

竜 「明日ですね」

雄 「ヤバイね」

竜 「うん」

雄 「日付明けてもう今日ですし・・」

竜 「パリパリ」   ←なんか食べてる。笑

雄 「もうヒトツ重大な発表があるんですよ」

竜 「何ですか?」

雄 「公開録音やりたいねって言ってたの、あれ決まりました」

竜 「マジっすか?」

雄 「はい!」

竜 「え??マジっすか??」

雄 「はい決まりました!」

竜 「すごいですね」

雄 「○決です」

竜 「○決ですか」

雄 「はい」

竜 「ヤバイね~」

雄 「やる事は決まったんですが詳しくは決まり次第発表して行きます」

竜 「わかりました」

雄 「これ毎週チェックしてもらいたいですね」

竜 「はい」

雄 「そんな感じで、それでは今夜もスタートです」


竜  「KAT-TUN上田竜也と」
雄  「中丸雄一の」
竜雄  「R-One KAT-TUN」



雄 「やべ~な」

竜 「そうですね、言ってた事が現実にさせる・・」

雄 「きっとね、2/19の放送で応募方法とかキーワード的な事を発表すると思うんだよ」

竜 「そこを聞かないと応募出来ないと・・」

雄 「そうだね条件としては」

竜 「何人位来れるんですかね?」

雄 「100~2、30って言ってましたよ」

竜 「120ですか・・」

雄 「だいたい120・・」

竜 「内サクラが110と」

雄 「何で?!」

竜 「あはははは」

雄 「サクラいらないでしょ」

竜 「ははははは」

雄 「やけに笑う人とかいるの?」

竜 「そうそうそう」

雄 「いま面白いか?・・みたいな」

竜 「ふふふふふ」

雄 「どうします?曲は・・ま、決まりですか?」

竜 「?さくら?ですか?」

雄 「ちげぇーよ」

竜 「えへへ・・何ですかね?」

雄 「LIPS!!!」

竜 「あ!そうだ!!」

雄 「手元に来たでしょ?」

竜 「来ました来ました」

雄 「見ました?」

竜 「見ましたよ」

雄 「ジャケットとか見ました?」

竜 「見ました見ました」

雄 「どうでした?」

竜 「うーん、まぁまぁ、また新しい事やってるなと思いますよね」

雄 「あ~」

竜 「毎回なんか新しい事やってますもん。じゃ曲行きますか?」

雄 「それでは聞いて下さいLIPSです」


(LIPS OA)   


竜  「KAT-TUN上田竜也と」
雄  「中丸雄一の」
竜雄  「R-One KAT-TUN」



竜 「改めましてカトゥーンの上田竜也と」

雄 「中丸雄一がお送りしているアルカツ今夜はコチラのコーナーをおくります」

竜 「うえだ・なかむら

雄 「丸ね!!」

竜 「あはは」

竜 「うえだ・なかまる

雄 「相談して来ましたー

雄 「なんかね最近また増えてるんだよね中村とか言われるの」

竜 「こないだも地味に間違えられたもんね」

雄 「急に間違えたって言うんだけどハッキリ?村?って言うわけじゃん」

竜 「うん」

雄 「おかしくないか?」

竜 「おかしいですね」

竜 「ま~、でも、ややこしいですからね、おまえの名前ね」

雄 「うん。・・てか、おまえアゴにヨーグルト付いてる」    ←ヽ(≧ω≦)ノ

竜 「あはははは」

雄 「ふふふ、いい加減にしてくれよおまえ」

竜 「ふふ、申し訳ない」

雄 「見えないからって」

竜 「ええ・・」

雄 「ま、このコーナーですけども・・・(コーナー説明省略)」

竜 「懐かしいですねこのコーナー」

雄 「2人で解決出来るものはサクサク解決してますからね」

竜 「そうですね」

雄 「で、何でこのコーナーやらないんですか?ってメールがかなり来てるんですよ」

竜 「何で?実は隠れ人気?」

雄 「う、うん・・、隠れてないんですけど」

竜 「ふふふ」

雄 「まぁ、人気のコーナーみたいですね、僕らはあんまり認識なかったですけども」

竜 「なるほどね、じゃやりましょうよ」

雄 「紹介しましょうか・・」

竜 「はい。相談内容軽いですよね」

雄 「ソフトなのが多いよね」

竜 「○さん群馬県にお住まい・・」

雄 「あ~ソフト、ソフト」

竜 「いや、まだ言ってない」

雄 「あははは」

竜 「たっちゃん、ゆっち今晩は、2つ年上の先輩に憧れています。メールはもちろん会話もした事がありません。3月には卒業でもう会えなくなってしまうので責めてひと言だけ会話したいです。2人が先輩の立場なら知らない後輩から何と話しかけられたら好印象ですか?」

雄 「これ行かないと本当に後悔すると思いますよ」

竜 「そうですよ!話しかけないとあれですからね」

雄 「話しかけ方か聞いてるの」

竜 「付き合うとかってわけでもなく普通に?好きでした?とか言われたらすげ~好印象だね俺は」

雄 「そう言う風に言われたら?」

竜 「あっ、そうなんだ・・って」

雄 「僕ね中学の頃、後輩にほんとモテたんですよ」

竜 「・・ほんとですか?」

雄 「不思議と後輩にね・・同級生には全くモテない」

竜 「あ~、たしかにおまう同級生顔じゃないもん」

雄 「顔かは知らんけど」

竜 「ふふ・・」

雄 「でもその時の卒業式にすげ~キタわけ嬉しいことに」

竜 「おお」

雄 「で、その時思ったのが、これ来られた方がウレシイに決まってる」

竜 「まぁね、まぁね」

雄 「僕もそう言う気持ちだったので彼も来る分には何も問題ないと・・」

竜 「問題ない問題ない」

雄 「むしろウレシイって言う・・」

竜 「そうなんですよ」

雄 「素直な気持ちを伝えるのがいいんじゃないかと」

竜 「俺の一番は?好きでした?がいい」

雄 「そう?」

竜 「卒業しちゃうんだから今さら言われてもって思わない?」

雄 「男のほうもね」

竜 「そうそう、好きでしたって言われたら、そんな知らないとこで見ててくれたんだって・・」

雄 「あ~、どっちもいい気持ちじゃないですか」

竜 「そうそう、これいいと思いますよ」

雄 「じゃ、上田クンの単語を参考にしてもらって・・」     ←単語って

竜 「卒業しても頑張ってくださいくらいの軽い感じがいいと思いますね」

雄 「はいはいはいはい、それいいじゃん」

竜 「あわよくば電話番号教えちゃえば・・」

雄 「あわよくばですよね」

竜 「そうそう、そんな作戦でいいんじゃないですかね?」

雄 「完璧ですね」


雄 「埼玉県、○さん」

雄 「上田クン中丸クンこんばんは」

竜 「今晩は」

雄 「クラスで席替えをしましたクジで男子から決まり次に女子が決まります。男子の反応を見てたらイケメンの子がいきなりどこかに歩いていったり前に隣だった子が、うわ~やだ~と言ったり・・本当はどう思ってるか気になります。上田クン中丸クンは席替えの時にどんな感じでしたか?」

竜 「戦争ですよ」

雄 「え??」

竜 「席替えは戦争です」

雄 「戦争なの?」

竜 「いかに好きな人の隣になるかって・・」

雄 「うん」

竜 「まず先生の決め方から俺ら考えて・・」

雄 「え?いつの話?中学校?」

竜 「中学校」

雄 「中学校の時どーやって決めてた?」

竜 「その子達みたいに女子が出て男子は男子でクジ引きみたいに」

雄 「クジ引きなんだ」

竜 「目が悪い子は大体前って言うけどね」

雄 「ちなみに好きな子の席が自分からどこの場所がいい?」

竜 「隣」

雄 「集中出来る?」

竜 「俺となり!だって逆に後ろとかでイチャイチャされたら集中出来ないもん」

雄 「イチャイチャってさ」

竜 「いや、だからさ、話してたりゲームしたりさ~」

雄 「はいはい、たまに会話してると全部聞いてるよね」   ←爆

竜 「教科書見せてよとかくっ付かれたら」

雄 「あ~、嫉妬だ嫉妬だ」

竜 「そうそうそうそう」

雄 「やだ~と言ってる子もいたり・・って」

竜 「もし女子が決まってやだって言ってる子がいたら、それは逆です」

雄 「逆?そんなに嫌じゃない?」

竜 「うん、そんなに嫌じゃない」

雄 「むしろいいみたいな」

竜 「ムリ!って言ったらもうムリ」

雄 「あはははは」

竜 「ヤダはまだ嫌よ嫌よも好きのうちって言うけど、ムリって拒否ですから」

雄 「俺、すげー嫌な席あったんだよな」

雄 「あのね、前の女の子なんだけど全然友達とかそういうんじゃないんだけど、すげ~髪長いの」

竜 「ん~、ふふふ」

雄 「で!俺の机にパサって」

竜 「ふふふふふふ」

雄 「まだそれだけならいいんだけど」

竜 「うん」

雄 「夏場!プールのあと!ワカメがもう・・」

竜 「ふふふ、それマズイね」

雄 「これは本当やだった!!ちょっと髪の毛・・・みたいな」

竜 「あははははは」

雄 「・・ありましたけどね」

竜 「ほんと隣の女子によって人生変わりますよ」

雄 「物語生まれますね」

竜 「だって教科書忘れただけで・・」

雄 「うん」

竜 「小さい声で言うじゃないですか教科書貸してって・・これ好きでもない人ね・・」

雄 「うん」

竜 「そしたら静かな授業中にデカイ声で、また教科書忘れたの?って言いやがって!!」    ←爆

雄 「はいはい」

竜 「で、先生が上田クンまた?みたいな」

雄 「そんなストーリーもあったんですか?」

竜 「ええ、そんな感じですよ」

雄 「今日も第三者に聞くことはなく無事終りましたね」

竜 「はい」

雄 「以上、上田中丸相談して来ましたでした」


竜  「KAT-TUN上田竜也と」
雄  「中丸雄一の」
竜雄  「R-One KAT-TUN」



竜 「改めましてカトゥーンの上田竜也と」

雄 「中丸雄一がお送りしているアルカツですが・・」

竜 「今夜も行きましょう!」

竜 「中丸の罰ゲームのコーナー!!」      ←コーナー化してる

竜 「ここはねコーナー化して色々応募してもらおうと」

雄 「罰ゲームってサクッてやるもんなんじゃない?」

竜 「思った以上に盛り上がったんで」

雄 「盛り上げたんだろ?おまえが!」

竜 「ふふふ、引っ込みが付かないもんね」

雄 「引っ込めよ」

竜 「ふふふ、今夜も全国の皆さんから楽しい楽しい罰ゲームが届いてます、中丸クン今夜もヒトツヒトツ突込みをお願いしますね」

雄 「もちろん!突っ込まなきゃやらされたらたまたもんじゃない」

竜 「皆さん共通して多いのが公開でやってくださいと言うのが・・」

竜 「お客さんの前でタンクトップ1枚で来て下さいってのが来てるよ」

雄 「こらこらこらこらこら、金太郎になるから俺・・」

竜 「ふふふふふふふ」

雄 「お客さんの前ではタンクトップで笑わせる、ラジオでは伝わらないからその場でタンクトップで電流を流す・・と」

雄 「120人の為よりも・・」

竜 「だから電流、リスナー用には電流」

雄 「同時にやれって?」

竜 「ふふふ、そうそう」

雄 「1個にしてくれよ!汚点になるよ人生の」

竜 「ふふふ、客前でタンクトップ着たことあったっけ?」

雄 「昔あるかな?最近はない!金太郎って言われるから」

竜 「あははははは」

竜 「次ね、モヒカンなんてどうでしょう?」

雄 「だからさ!!!」

竜 「あはははは」

雄 「後々考えてくれよ」

竜 「この子考えてる」

竜 「剃る音をリスナーに聞かせ、その後その頭どうしたのか歌番組等で聞かれたらラジオで・・と言えばラジオの宣伝にもなります一石二鳥じゃないですか」

雄 「待て!一石二鳥の前に俺が損するだろ」

竜 「あははははは、罰ゲームだからね中丸クンあんまり断れないんですよ」

雄 「罰ゲームの枠じゃないじゃないか」

竜 「次ぎ、これも中々シュールで面白いです・・ふふふふふ」

雄 「おまえ、このコーナーになると本当楽しそうだな」

竜 「うふふふふふ」

竜 「K太郎のひざの上に座って収録する、たまに首筋に鼻息がかかって・・」

竜 「あはははは・・・(バンバン机叩いてる)」

竜 「はははは、これ超面白くない?ふぅ~とか・・ははははは(机叩いてツボってる)」

雄 「それはちょっとラジオ的には・・」

竜 「はい次ぎ、おデコに肉を巻きつけて子ワニが食べに来るのをジッと待つ」

雄 「 ・・・ 」

竜 「ふふふ、これ音声だじゃ・・・(笑っちゃって言えてない)」

雄 「顔はマズイっしょ」

竜 「うふふふふふ」

雄 「危険じゃない?」

竜 「どれにしますか?」

雄 「ねえーよ!1個もねえーよ」

竜 「はははは、いやいや、やろうと思わなきゃ・・」

雄 「1個もねえーよ」

竜 「ははははは、ありますよ」

雄 「どーすんだよおまえ」

竜 「そろそろ覚悟決めてくださいよ」

雄 「たしかにやるよ罰ゲームは罰ゲームらしい罰ゲームだったらね」

竜 「いいじゃん!おデコに肉・・テレビとか絶対面白い」

雄 「テレビじゃねえーだろ!!!」

竜 「ふふふふ」

雄 「ラジオだろーが!!!」

竜 「わーたわーた、じゃ、もうちょっと募集しましょ・・そこまで言うのならば」

雄 「上田自身はないわけ?」

竜 「前言ったじゃないですか、蚊の中に入るって・・」

雄 「あはははは、はいはい」

竜 「あれだったら出来るでしょ?」

雄 「蕁麻疹みたくなるやつでしょ?」

竜 「責めて許してやるとして・・、ま、顔だけは許してやる」

雄 「なるほどね」

竜 「俺はそれ位だったら・・」

雄 「現実問題セッティングたいへんじゃん」

竜 「折角、公開録・・」     ←ぽろった?

雄 「公開録音でやるの????」

竜 「録音でやるならば聞いてる方も見てる方も・・」

雄 「俺、パンツ一丁になりたくねえーし」

竜 「ふふふふふふ」

雄 「そもそも」

竜 「そこは短パンでもいいっすけどね」

雄 「短パンも嫌だぜ」

竜 「とりあえず上半身は裸で行ってもらわないと」

雄 「 ・・・ 」

竜 「ふふふ、とりあえずそんな感じでまだまだ募集してますのでお願いします」

竜 「以上、中丸の罰ゲームのコーナーでした」


雄 「さ、お別れの時間ですね~」

(lLIPS案内)
(テレビ番組告知)
(スシ王子・すしナビ告知)  ←ナビゲーターはゆっち

雄 「木曜レコメン出るよ俺」

竜 「何のやつですか?」

雄 「横山君とかの・・」

竜 「あ~」

雄 「行ってきますからね」

竜 「面白いですよ中々」

雄 「この前どんな感じだった?」

竜 「全然普通に面白かったですよ・・電話したりしてました」

雄 「ふ~ん・・」

竜 「リスナーと電話したりとか・・」

雄 「ふ~ん・・」    ←緊張してる?笑

雄 「毎週火曜深夜12時のR-OneKAT-TUNお相手は」

竜 「上田竜也と」

雄 「中丸雄一でした」

雄 「それではまた来週」

竜雄 「ばいばーい」



雄 「お疲れ~」

雄 「おまけのコーナーコチラです」

竜 「俺は今でもやりますからね」

雄 「そうだよね、どのくらい?ずっと?」

竜 「ずっとですね・・」

雄 「昔だね俺は最近やらないもん・・今何回くらい?」

竜 「数は数えたことない」

雄 「この時期はそれやって失敗すると痛いですからね」    ←縄跳び?

竜 「赤くなるますからね」

雄 「うん、気をつけたほうがいい」

竜 「はい」

雄 「来週もヨロシク」

竜雄 「お願いしまーす」


2008/2/5 R-One KAT-TUN No.97


テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

Comment

公開録画、決まったんだねー。
120~130人?
さくらが110も入ったら、実際は10人?(え?少なっ)笑
狭き門だねー。汗
でも頑張ってね!できる協力はするから!
席替えの話・・・いいねぇ。
ゆきんこちゃんの妄想席順もいいわぁ。笑
(うん。こんなバトンたしかあったよね)
私も上ぽんは後ろから眺めてたいよ。笑
(正面じゃなくて、斜め後ろがいいんだよねー)

ゆきんこちゃん、こんばんわぁ(≧艸≦)
公開録音決まったんだね~ヾ(*´∀`*)ノ
応募頑張ってね~協力する事あれば言ってね♪
で、席素敵だね~
好きな人はナナメ前がいいの??(笑)
あぁ~でも分るかも(〃ω〃)
横だと緊張しちゃうかも(爆)
ラジオレポお疲れ様~
たっちゃん何か食べてる事多いね(笑)
最後の質問縄跳びっぽいね~
今の時期失敗したらいたいよね~(汗)
↓の記事。
KAT-TUNコーナーあるんだぁ~
いいなぁ~(≧艸≦)
non-noの内君見てこよぉ~♪

ゆきんこさん、こんばんわ。
ひぇーーー120~130人??
私も協力しますからね、何でも言ってくださいね。
席の妄想劇(笑)
にやにやしながら読んじゃいました。。
よーーく分かりますよ。
うん、好きな人だと斜め後ろがベストですね。
こういうの楽しいですねーー。
竜ちゃん、ヨーグルトって(笑)
可愛いですねーーーー。
しかし、ドSすぎます、竜也さん(笑)

公開録音楽しみですねっっ☆
120~130人って倍率どのくらいなんだろうv-12
席替えの話なんか面白かった(´∀`)
たっちゃんも無理って言われたこととかあるんですかね?爆

ってかラジオ聞いてたはずなのに内緒の質問の記憶がありませんv-239
どうやらその数分寝てしまったようです…
でも縄跳びっぽいですねー☆
ボクシングで縄跳びも頑張ってるのかなぁ?

あ~ゆきんこちゃんがパラレルワールドに
行っちゃってる~
妄想ね、楽しいよね
最近してないなぁ~
構想はあるのよ、、頭の中ではね
公開決まったね
行くの?
応募手伝うよ
ゆっちのタンクトップ、見てきて~(笑)
身体貧弱そうだもんなぁ~
貧弱とお子チャマのカップルだね

公録・・・いいね(*´艸`*)
どんな応募の仕方になるんだろうね?
方法によっては、協力するから~!
無事に上田くんに会いにいけますように・・・
席順から、えらい妄想炸裂してるし(笑)
私はね・・・仁亀の間で、斜め前が上田くん・・・
後は、なんでもいいや(爆)
後ろが赤西くんなんて、絶対無理だわ(何が?笑)

お~、ゆきんこさんが妄想してる( ´艸`)
じゃあね~、私は1年生でゆきんこさんの所に遊びに行くよ~♪
太輔連れて!!(笑)
でで、和也に可愛がられよっとv(≧∇≦)v
太輔にヤキモチ妬いてもらうんだ☆

公録決定おめでとう!!
お手伝いできる事があったら言ってね(≧ ≦)Ω

ゆきんこちゃん、レポお疲れーー!!
ああっ・・・すてちな妄想してる~ぅ笑
この机の並びは・・・んまー最高やね~にひひ。
「アグネスプリン」に笑っちゃったよ?
ででっ公開収録きたねーーー><。
すんごい狭き門やな!!爆
でも行きたいねー^^♪逢いたいねー♪♪
もうなんか行ってるとこ想像しちゃうもん笑 ←早。
かっこいすぎてもだえすぎてさ~最終的にはぱったり
倒れそうになってる自分を・・・ ←もっといい妄想シロー笑

ゆきんこさん、こんばんわ☆
そしてレポお疲れ様です~!
公開録音!行きたいよね~!行きたいよね~!
だけど・・・120~130ってすくなっ。滝汗
やっぱスタジオってそんなもんなのね。グスン。
ラジオは映りこみないから今回は入れて欲しい~。笑←切実
お互い応募頑張ろうね!
ほんっと行きたーい!←しつこい

席替え楽しいね♪わたしまで妄想しちゃった。笑
周りが男子ばっかりで素敵な学校♪通いたいわ♪
やっぱりゆっちはたっちゃんの横陣取ってる。笑
そこは譲れないよね・・・←ウラヤマ・・・。

公開録音するんだー。
いいなぁー。超近くで見れるのね。
120人くらいか・・激戦かな?←かな?って・・失礼。
協力出来そうだったらするからね。
いつでも言って♪

席替え・・わかるー。
私も後ろから見てたい。
背中フェチだから(笑)
淳之介が隣りだと・・いつも寝てそうじゃん?(爆)

ゆきんこからコメレスです

★雪ちゃん★
公開決まったよ~
けど応募の仕方はまだ発表ないからどうなんだろう・・
メールで応募かな?何かあったら協力求めるわ。笑
席は後ろから見ていたいよね。笑

★あみちゃん★
公開決まったよ~どうやって応募かまだわかんないけど
何か決まったらお願いするかも~。笑
あみちゃんも斜め後ろ派?
横だと緊張もそうだけど見えにくい。笑

★陽子さん★
ありがとー!
公開の詳細がわかったらお願いするかも~。笑
席から妄想はじまるよね。笑
アゴにヨーグルトって・・可愛すぎるよ~

★悠ちゃん★
すごく近くで見えると思わない?
行きたいよね~・・
たっちゃん・・あるのかな?無理って拒否。笑
ゆっちのワカメが!にも笑った。爆

★まゆブーちゃん★
妄想久々にすると楽しいね~
あたしも頭にあるやつあるのよ・・
でもちっとも進まなくて。汗
ゆっちのタンクやパンイチは興味ないよね。爆

ゆきんこからコメレスです

★絆さん★
ラジオの公開って行った事ないから行ってみたい~
スペイン坂のガラスから見たことはあるんだけどね。汗
まるで動物園状態。笑
後ろが仁だと緊張マックス?笑
仁とは女と思われてない仲いい友達の感じの設定なの。笑

★麗央ちゃん★
そうだね麗央ちゃんは1年生だね
けど同じ学年にこやちゃんもいるよ
タイピーとこやちゃんと・・悩むよ~。笑
公開・・まだ細かいことはこれからなんだけどやることは決定みたい・・

★有ちゃん★
席は有ちゃんとほとんど一緒だったと思う。笑
アグネスプリン必須でしょ?笑
卒業生には長瀬くん。笑
ラジオ詳しいこと早く知りたいね
有ちゃんもこれたらいいね

★リンさん★
公開・・行きたいよ~×100。笑
一緒に行けたらいいのにね~
応募がんばろうねー
席おもしろいでしょ。笑 夢でいいから体験してみたい

★Keiちゃん★
狭き門だと思うよ~、た・・たぶん。笑
近くでサングラスの竜也が見れるかも~
お願いししちやうかも~。よろちく~。笑
後ろからジーと見ていたよね~
淳之介・・うん寝てそう・・笑
Secre

一瞬を永遠に…

☆。*ロミジュリ写真館*。☆                                                                                                                                                                                                            

プロフィール

  ゆきんこ

Author:  ゆきんこ
上田竜也くん&大倉忠義くんが大好きです(≧∀≦)
XJAPAN、YOSHIKI溺愛中・・。
VからJまでこよなく愛します(*´▽`*)

拍手は一方的に愛をいただいております・・
返信要の場合はコメント欄でお待ちしてま~す♪

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

johnny's

エントリー

カテゴリー

フレンズ&more...

Welcome

ブログ内検索

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。