06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

 °+.(・∀・).+°

君に出逢えたこと 君と笑い合えたこと どんなに時が過ぎても 忘れないから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「永遠の0」

映画の発表があって原作を買ってみたのが一年前・・
戦争ものは苦手
そんな気持ちから本を中々開けないまま年が明け。笑
今年のはじめになんとなく読み始めました
すぐに引き込まれて行きました
百田さんの構成がすばらしいのです!
すごく感動し考えさせられました。
実在する方や事実も多々盛り込まれていて
その時代の不条理さにも衝撃を受けます
久々に良い本で出会ったな・・と思いました。
出会わせてくれたたっちゃんに感謝。笑
不純な動機でも。笑

先日「情熱大陸」で百田尚樹さんが取り上げられてました。
ご本人もステキな人でした~
この作品がデビュー作みたいだけどスゴイですね。
2006年に発売されたデビュー作がそれ以来口コミで広がり
本屋さんでは「最高に面白い本」と所せましと並べられています。
わたしにとってもほんっとに「最高に面白い本」でした。

現代に生きる人々の多くは「生きていること」は当然と思い、また「自分は誰のために生きているのか?」と問う機会などもほとんどありません。
六十数年前、私たちの父母や祖父母の時代はそうではありませんでした。
明日をも知れない戦火の中、すべての日本人が「私は誰のために生きているのか?」という問を自らに向け続け、自分と家族が「生きている」ことに深い感謝の気持ちを持っていました。それは「不幸な時代」でもあります。しかし、そういう問や感謝の気持ちさえ忘れてしまいがちな現代という時代も、ある意味「不幸な時代」かもしれません。
「永遠の0」を読んで下さった皆さんが、「自分の人生は誰のためにあるのか」という思いに至り、生きる喜びと素晴らしさに気付いてくれたなら、著者として、これほど嬉しいことはありません。
なお、私をよく知る友人たちは、「永遠の0」に感動する人に出会うと、「その感動を持ち続けたいと思ったら、絶対に作者に会ってはいけない!」と言っているそうです。ひどい話です。


、、著者百田さんのメッセージです。

この「最高に面白い本」がどのように映像化されてるのか・・
映像をちゃんと見れるのかわたし・・
はじまる前から涙止まらないかも・・。爆
だって、映画のHP見るだけでウルウルするもん。笑
12月の公開まで更に原作を読み直してみたいと思います。

eien0.png

theme : 上田竜也
genre : アイドル・芸能

Secret

プロフィール

  ゆきんこ

Author:  ゆきんこ
KAT-TUN 上田竜也くんが大好きです(≧∀≦)
XJAPAN YOSHIKI溺愛中・・。
VからJまでこよなく愛します(*´▽`*)

拍手は一方的に愛をいただいております・・
返信要の場合はコメント欄でお待ちしてま~す♪

カレンダー

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

johnny's

カテゴリー

Welcome

ブログ内検索

QRコード

QR

一瞬を永遠に…

フレンズ&more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。